東海漬物
  • 企業情報
  • 品質保証
  • きゅうりのキューちゃん
  • こくうま
  • 商品情報
  • 漬物機能研究所

おうちで話そうおいしい食育

なすのひみつ

なすの生まれ故郷

なすの生まれ故郷はインドの東部と言われており、日本へは5世紀よりも前には、中国を経て伝わってきたようです。

江戸時代、冬に食べるなすは金持ちの食べ物だった

初夢に見ると縁起がいいと言われているものに「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」があります。なぜこの3つが選ばれたかというと、「江戸時代の将軍徳川家康が富士山、鷹狩り、初物のなすが好きだったから」、「江戸時代の駿河(するが)の国(今の静岡県)での、高いものの順番。富士山、愛鷹山、初物のなすの値段」などといろいろいわれはあります。実際に徳川家康はお正月になすを食べていたようですが、その時代、お正月のなすはとても高価で、一般庶民には手の届かない存在だったようですよ。

なすの花には無駄がない

ことわざに「親の意見とナスの花は、千にひとつのむだはない」という言葉があり、「ナスは、咲いた花が全部実になるので無駄がなく、親が子どものためにする意見もすべて無駄なことはない」という意味です。このことわざにあるように、なすは花を咲かせるとかなり高い確率で実をつけます。なすはことわざに使われるほど、昔から人々の間で親しまれていたようですね。

なすいろいろ

寒い地域でも暖かい地域でもつくれることから、日本中で栽培されています。

30pを超える長さで、九州でよく栽培されています。

20pほどの長さで、関西地方でよく食べられています。

その名のとおりまん丸な形をしており、肉質がしまっています。田楽や煮物に向いています。

他のなすに比べて水分が多くて柔らかく、あくが少なく独特の甘みを持つため、生でも食べられます。

皮が薄く、やわらかいのでぬか漬けやからし漬けなどの漬け物に最適です。

アメリカの品種を改良して作られたもので、ヘタの色が緑色なのが特徴。皮が固く、肉質がしまっています。崩れにくいので、煮物や焼き物に向いています。

皮はかためですが、肉質がやわらかく、アクが少ないのが特徴です。

おいしいなすの選び方

なすの旬(おいしい時期)7月〜9月

  • ヘタが黒く、触ると痛いぐらいのもの。
  • 実がふっくらとしており、
    首までしっかりと太っているもの。
  • 色が濃く、ツヤがあって光っているもの。
  • 表面にしわのないもの。

なすの漬物いろいろ

なすをぬかみそに漬けたり、
塩水に漬けたりして作ります。

酒かす、砂糖、からし粉、塩を混ぜたものに漬け込んで作ります。

ページの先頭へ

(C )Tokai Pickling Co., Ltd. All rights reserved.