おいしい笑顔を暮らしの中に届ける、Q's CAFEへようこそ!

MENU CLOSE

  • TOP
  • >
  • キューちゃんができるまで

キューちゃんが
できるまで

管理の行き届いた工場で、
一袋、一袋に心を込めて。

キューちゃんは、衛生管理の行き届いた
愛知県田原市のキューちゃん専用工場で作られています。
長い間みなさまに親しまれてきた
「きゅうりのキューちゃん」という製品に責任と誇りを持って、
一袋、一袋、厳重な品質チェックを行い、
全国の食卓にお届けしています。

きゅうりのキューちゃん看板

きゅうりのキューちゃんは、野菜のこだわりから始まります。

ごはんといっしょにキューちゃんをほおばると、
聞こえてくるパリポリっ!というきゅうりのおいしい音。
わたしたちはこの音にずっとこだわり続けてきました。

きゅうりについて

  • 誕生以来、そのおいしさを支える歯切れのいい「四葉きゅうり」。

    キューちゃんをほおばると聞こえてくるパリポリっ!というおいしい音。わたしたちは、この音にずっとこだわり続けてきました。しっかりとした食感を追い求めて選び抜いた素材。それが「四葉(スウヨウ)」という名のきゅうりです。うす皮で肉質がしまり、歯切れがとても良く、キューちゃんに最適な性質を持ったこの品種は、キューちゃん誕生以来、そのおいしさを変わらず支え続けています。

    黄色いキュウリの花

    黄色いキュウリの花、とってもきれい。

  • 雄大な自然の恵みを生かす術を知り尽くした人の手たちの手で。

    中国・浙江省の省都、杭州。ここがキューちゃんのふるさとのひとつ。情景豊かなこの地は、揚子江の南を流れる銭塘江によってもたらされた肥沃な大地。西湖に代表される豊潤な水脈、そして日本に似た温暖な気候と四季の変化・・・。まさに実りを約束された恵みの地なのです。毎年3月末に始まる種まきからの数ヶ月間、人の手でひとつひとつ大切に、手塩にかけて育てられる「四葉きゅうり」。母なる大地の恵みをたっぷり蓄えて、日々すくすくとおいしく育っていきます。

    中国・浙江省の省都、杭州の図
    • 「四葉きゅうり」を育て続けている農場

      東海漬物の技術者が初めてこの地を訪れてから四半世紀、ずっとキューちゃんになる「四葉きゅうり」を育て続けている農場です。

    • ラオスのきゅうり畑

      2011年1月より使用しているラオスのきゅうり畑。中国同様、品質の良い四葉きゅうりが作られています。

  • 雄大な自然の恵みを生かす術を知り尽くした人の手たちの手で。

    東海漬物のスタッフは、「四葉きゅうり」の栽培期間中に産地を訪れ、栽培方法とその生育状況を厳しい目で管理します。毎年中国では5~7月、ラオスでは12月~5月の収穫期に、人の手で1本1本丁寧に収穫された「四葉きゅうり」は、日本と同じ基準で管理され、幾重にもチェック。合格したものだけをすぐに塩漬けし新鮮さを封じこめます。このように育まれ、選ばれた「四葉きゅうり」は、初期加工を経て秋には選りすぐりのキューちゃん候補生として海を越え日本にやってきます。

    きゅうりの収穫
  • きゅうりの畑を実際に見て、きちんとマニュアル通りに栽培されているかをチェックするのが私の仕事です。また収穫したきゅうりは、農薬検査など安全面の管理も徹底して行います。

    東海漬物 原料部 部長 越山 直元

    東海漬物(株)
    原料部 部長 越山 直元

しょうがについて

絶妙なアクセントの
風味豊かな日本産しょうが

  • 風味にこだわり探し求めた究極の日本産のしょうが。

    お口にふわっと広がるしょうがの香りと風味が、キューちゃんをさらにおいしくしています。オリジナルの本醸造醤油との相性を考え、私たちは、しょうがにもこだわりました。辛味ひかえめですっきりとした風味と豊かな香りを持つしょうがを探し求め、マイルドな風味の国産品種のショウガを選びました。しょうがには、アントシアニン※(ポリフェノールの一種)が多く含まれており、健康効果も注目されています。

    土佐一しょうが
  • アントシアニン

    ブルーベリーやアヤムラサキという種類のサツマイモに多く含まれている紫色の色素。抗酸化物質ポリフェノールの一種で、視神経の働きを支えているロドプシンという色素の再合成を促して、疲れ目を改善し視力を向上させます。活性酸素の育成を抑制し、血液をきれいにする作用もあります。

  • 繊畑な作物だけに栽培管理も厳しく行われています。だれが、どの畑で、どんな肥料を使って育てたか、すべてが記録されています。農薬使用は極限まで抑え、自然のおいしさを保つのが基本。こうして育てられた箱入り娘のしょうがたちが、ごはんにぴったりの、あの豊かなキューちゃんの風味を支えてくれるのです。

    きゅうり栽培の様子

キューちゃんが
できるまでの工程

  • 原料チェック理化学検査

    キューちゃんに使用する塩漬けされたきゅうりは、産地・漬け込み工場ごとの厳しい入庫検査を行なっています。

    原料チェック理化学検査

  • 洗浄・選別・切断

    専用の洗浄機を使いきゅうりを洗い上げるとともに、熟練の専門員の目でキューちゃんに適したきゅうりのみを選別していきます。選ばれたきゅうりは、専用の切断機に一本ずつ投入し食べやすい形状に切り上げていきます。

    洗浄・選別・切断

  • 選別・脱塩

    良質な水を使用し流水による塩抜きを行います。塩分がほぼ無くなるところまで塩抜きを行い、バラツキの無いことを検査した上で次の工程へ送ります。

    選別・脱塩

  • 圧搾・調味仕込み

    衛生的な最新設備で水分を抜き、蔵元から直送されたキューちゃん専用の醤油を使用した調味液に漬け込みます。さらに、独自の低温熟成でじっくりと味付けを行い、あの豊かな醤油の香りと、パリポリの食感に仕上げます。

    圧搾・調味仕込み

  • 品質検査

    キューちゃん専門の検査員により、製造した調味液および味付け熟成した製品を検査します。ここで合格しなければ製造をすすめません。

    品質検査

  • 計量・袋詰

    品質検査に合格したキューちゃんは、コンピュータスケールで正確に計量され、自動包装機で清潔な環境のもと包装されます。包装後は、すぐに機械と検査員の目で、入念なェックが行われます。

    計量・袋詰

  • 殺菌

    一列ずつに整列して殺菌機に投入され、風味を損なわないよう、かつ一袋一袋確実に蒸気による加熱殺菌を行い、おいしさを損ねる悪さをする微生物からキューちゃんを守ります。

    殺菌

  • 官能検査理化学検査

    ここで、キューちゃん品質係の専門スタッフにより、キューちゃんの「おいしさ」「風味」「歯切れ」「色つや」がチェックされます。

    官能検査理化学検査

  • 箱詰め・出荷

    お客様へ「パリポリの味」キューちゃんをお届けします。

    「パリポリの味」キューちゃん